アホらーめん社長の【起業・経営】人生指南

はじめての開業・多店舗化を目指す経営者向け【繁盛飲食店を目指す指南塾】

ラーメン屋を開業して失敗しないのでしょうか?

 

f:id:hiroyata:20190411120709j:plain

=======================

まずはご案内です!


補助金580万円を活用して、総額300万円以内で繁盛ラーメン屋を開業する方法とは?】説明会

 

7月だけのチャンス!

「580万円の補助金」をもらい、「無保証人の融資」を最大限に活用して、はじめての飲食店開業の夢をつかみたいとお考えの方には必見の内容ですので、是非下記のご案内ページもお読みくださいね!

   ↓ ↓ ↓

https://hanjo-ramen.work/

 

※ちなみに今回の補助金は「東京都」限定ですが、今後、東京都以外の補助金のご案内も致しますので、お楽しみにしていてください!(発表があり次第のご案内になります)

=======================

それでは本題です。

 

こんなわたしでもラーメン屋を開業して失敗しないのでしょうか?

 

「ラーメン屋の経験があまりないのですが、

こんなわたしでもラーメン屋を開業して失敗しないのでしょうか?」

 

ラーメン屋開業の相談会で、この質問はとてもよく出てきます。

 

今まで、ラーメン店の経験がなく(もしくは少なく)、これから開業したいのだけれども、失敗しないか不安・・・。

 

わたしも脱サラからの開業だったので、この不安とてもよく分かります!

 

でも、この質問に対するわたしの答えは、

 

「成功するか失敗するかは、私にも分かりません。」

 

これは、商売だけのことではないですが、わたしたちの成功・失敗のすべては、

 

「わたしたちの経験・学びのためにある」

 

のです。

 

 

そろそろ給料を上げてくれませんか~?

 

わたしの例えで少しお話します。

 

8年前に、私がラーメン屋の3店舗目を開業した時の話です。

 

知り合いの不動産屋から、ラーメン屋開業に適したいい物件がある、と紹介され見にいきました。

 

飲食店の居抜き、国道沿い、交通量も多い、駐車場も15台ある店舗。

 

その店舗を見たわたしは、その場で、即申込みをしました。

 

ですが、その当時、そのラーメン屋の店舗を任せられるような社員はいませんでした。

 

なので、すぐに募集をかけ、急いで数人の社員を採用し、その店舗の開業を任せることにしました。

 

 

最初はよかったのです。

 

その採用した社員たちも、最初は、新しい職場で新しい店をつくる喜びがあったので、楽しく仕事をしていましたし、オープン当初は、売上もオープン景気にのり順調でした。

 

しかし、オープンも落ち着き、通常の業務体制になってきた3ヵ月目、

 

そろそろ給料を上げてくれませんか~?

 

と、その採用したての社員が言ってきました。

 

 

わたしは一瞬耳を疑いました。

 

まだオープンして3ヵ月。

これから体制を整えて、末永く営業をする準備がやっとはじめられる。

そんなまだ不安定なこの時期は、経費をしっかりとコントロールすることが一番大切だ、と考えていたわたしは、

 

「まだまだこの店はこれからが大事な時期。そんな状態で給料なんてまだ上げられるわけないでしょ!」

 

と答えました。

 

すると、その社員は、

 

「そうですか、じゃあ、もっと給料の高い店があるので、そちらに行くので、もう辞めます。」

 

と言ってきました。

 

 

その後、少し悶着もありましたが、結局、その社員はうち店を辞めて行きました。

 

オープンから指揮ってきていた社員が急にいなくなったために、当たり前に、お店のオペレーション全体がめちゃくちゃになりました。

 

結局、定休日をつくり、営業時間を短縮し、メニューの数を減らすことで対応せざるを得ませんでした。

 

一番は、お客さんに迷惑をかけてしまった結果になったのです。

 

 

そして、その一件から得たわたしの「学び」は、

 

信頼関係がまだ構築できていない人に、過度な期待をしてはいけない

 

「売上を上げるために、準備不足のまま性急にものごとを進めても、結局お客さんに迷惑をかけ、結果的に見込んでいた売上も上がらなくなる」

 

でした。

 

 

人に「期待」はしてはいけません。

 

期待した方は、「このくらいまでしてくれて当たり前だろう」と思ってます。

 

でも、期待された方は、「この程度までやったんだからもう十分だろう」と考えています。

 

そのギャップが、お互いの距離をうみ、信頼関係が壊れるキッカケともなるのです。

 

 

ですので、勝手に相手に期待するのではなく、

 

まずは、その相手との信頼関係を時間をかけてしっかりと構築し、その後、お互いの役割分担を、お互いの納得の上で決める。そして、お互いがその役割をしっかりとこなして行く。

 

これが大切なのです。

 

人生で大きなものを学ぶことが出来る

 

ラーメン屋の経営は難しいです。

 

現に、私が今までにお手伝いしたお店でも、やむを得ず閉店してしまったお店もあります。

 

「開店したらお客さんは来るもんだ」というのはただの店側の幻想。

 

お客さんが来ない、利益が残らない、スタッフが集まらない、競合にお客さんを取られた、資金がなくなってきたなど・・・

 

飲食店開業のリスクは低くはありません。それだけ商売は難しいと思うべきです。

 

 

ですがその反面、1店舗目を私がお手伝いしてから数年で数店舗に拡大して、今では大成功しているオーナーもいます。

 

 

最初にも書きましたが、

 

「成功するか失敗するかは分かりません。」

 

ですが、ラーメン屋の開業は、人生で大きなものを学ぶことが出来るのは間違いがありません。

 

将来ラーメン屋を開業したい、とお考えの方は、是非とも『試食付き個別相談会』にお越しください。

 

個別相談会では、そういう将来や人生のお話もさせて頂いておりますので、一緒にラーメンを食べながら、あなたの将来のお話をしましょう!

 

 

今日も最後までお読みくださりありがとうございました!

 

 

矢田裕基

 

 

『試食付き個別相談会』

無料試食会・個別相談会 | 小予算で繁盛ラーメン店開業! 【新のれん分けプロジェクト】