アホらーめん社長の【起業・経営】人生指南

はじめての開業・多店舗化を目指す経営者向け【繁盛飲食店を目指す指南塾】

はじめての飲食店開業は「オープンキッチン」で始めるべしの理由とは?

f:id:hiroyata:20191006105759j:plain

 

おはようございます!

【新のれん分けプロジェクト】
の矢田です。

 

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

※今日の話もyoutubeの方でもお話してます
ので、こちらもご覧ください^^
   ↓
【はじめての飲食店なら100%オープンキッチンで開業するべきその理由。】

www.youtube.com

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


「厨房は、オープンキッチンにした方が
良いのですか?

それとも、見えない厨房でも大丈夫ですか?」


この質問は、よく受けます。

 

お店と、オーナーのファンに
なってもらうことが大切。


オープンキッチンとは、


『厨房内の人が見えるように設計してある店舗』

お寿司屋・ラーメン屋・焼き鳥屋なんかに
多いですね。


反対に、クローズドキッチンとは、


ファミレスやチェーン店や高級フレンチレストラン
などの、


『お客さんからは、厨房は一切見えないスタイル』

 

結論から言っちゃうと、


『はじめての開業なら、
絶対にオープンキッチンにすべし!』


です。

これは、ラーメン屋開業の仕方
においても、とても大切。


その理由をお話していきますね。


まず、
個人で、はじめての飲食店のオープン後に、
一番大切なことは何だかわかりますか?
  ・
  ・
  ・


それは、


『お店と、お店のオーナーの
ファンになってもらうこと』


なんです。


今回、独立をして、はじめて飲食店を開いた。


もしかしたら、友人知人や、前職での
お客さんは来てくれるかも知れません。

でも、それも最初だけ。


そして、知り合いだけをアテにした商売
では売上もままならず、遅かれ早かれ
上手く行かなくなるでしょう。


やはり、しっかりと、その店舗の周辺の方や、
前を通る方をお客さんにして行かなければ
商売は成り立ちません。

 

飲食店は『リピーター』が命。


そのためには、一度来てくれたお客さんを
「リピーター」にしなくてはいけません。


よく、新しいお客さんをドンドン増やせばいい
でしょ、などという人もいるのですが、


仮に、広告を出せば新しいお客さんも
一度は来てくれるかも知れません。


でも、そのお客さんが、広告を見てきた
一度だけのお客さんで、もう再来店しない
お客さんだとしたら、

その広告はえらく高いものになりますね。


そんな広告を毎週出していくのは
経費的にもキツイ。


それよりも、一度来てくれたお客さんに
何度も再来店してもらった方が、


●広告費用もかからない

●客数も安定する、

●常連さんがお客さんを連れてきてくれる、

●店内が楽しそうな雰囲気になる・・・


など、利点が多いのです。


飲食店は『リピーター』が命。


そして、それは、はじめての開業の時も同じ。

いや、それ以上に、はじめての開業の時の方が
リピーターを増やす努力は大事!

ラーメン屋開業の仕方においても

とても大切な点。


そのために重要なのが、


『お店と、お店のオーナーの
ファンになってもらうこと』。

 

そのためにも、今回テーマの


『はじめての開業なら、
絶対にオープンキッチンにすべし!』


なのです。


ファミレスやチェーン店のような、
クローズドキッチンではお客さんと
つながるのが難しいです。


奥の厨房で調理をしていて、
そのたびにホールに出てきて
お客さんと話し、

また急いで厨房に戻る・・・

お客さんも落ち着かないですね・・・


もちろん、他の調理サポートの人が
常に厨房を管理していて、

オーナーは出たり入ったりしても
大丈夫な潤沢な頼れるスタッフが
多くいれば別です。


ですが、はじめての開業では
そうもいきません。


だったら、厨房で作りながらも、
目の前のお客さんと話すことのできる

オープンキッチンの方が効率もいいですし、
お客さんも安心して、話もできると思います。


でも、そんなオープンキッチンでも
デメリットもあります。


●厨房内が足元まで丸見え。


●いつも隅々までキレイにする必要がある。


●営業中ずっと見られてるため、

・ちゃんとしなくてはいけない・
・暇そうにできない。
・ボ~っとできない。


●厨房内のスタッフの会話が丸聞こえ。


●厨房内の熱気がホールに流れやすい。


●水や油が飛ぶ可能性がある。


こういうところがあります。


僕も一店舗目が完全なオープンキッチンでした。


はじめは、ひとり営業だったので、
お客さん全員が営業中

ず~っとこちらを見てる・・・


さすがにこれは辛かったので、
途中からテレビを設置しました(汗


そのおかげで、お客さんの視線が
テレビに反れました・・・


お客さんが、

●たまにテレビを観てる

●たまにこちらを見てる

●たまにお客さんと話す


このバランスが僕は好きでした(笑)


でも、一店舗目からファンがついてくれて、
地域の繁盛店の仲間入りを果たせたのも、
そのキッカケは、


『オープンキッチンだったから』


は間違いありません。

これは、ラーメン屋開業の仕方でも大切なこと。


これから、お店を作る方も
ここを意識したお店づくりをしてください。


今日もありがとうございました。


それではまた。

押忍っ!

 


繁盛ラーメン店開業【新のれん分けプロジェクト】
矢田 裕基

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
youtube『飲食店開業チャンネル』でも、動画にて
情報をお伝えしています。 
日々、新しい情報も更新して行くのでチャンネル登録
もしておいてくださいね!
   ↓

www.youtube.com

■ラーメン店開業の『試食会』『無料個別相談会』
に興味のある方はコチラをご覧ください^^
   ↓

men-de-business.co.jp

┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
繁盛ラーメン店開業【新のれん分けプロジェクト】事務局
株式会社メントレプレナージャパン  
代表取締役 矢田 裕基
〒107-0062 東京都港区南青山1-26-16 5F
tel 03-5771-8150 / fax 03-6869-3487
連絡先:info@men-de-business.co.jp
ホームページ:

繁盛ラーメン屋開業【新のれん分けプロジェクト】


(営業時間:平日10時から18時)
*頂いたお問い合わせには、可能なかぎり
3営業日以内にお答えさせて頂いております。