アホらーめん社長の【起業・経営】人生指南

はじめての開業・多店舗化を目指す経営者向け【繁盛飲食店を目指す指南塾】

【飲食店開業】融資の「自己資金」はコレを準備すればOK。融資の可能性がグンっと高まります。

f:id:hiroyata:20191015225453j:plain

 

おはようございます!


【新のれん分けプロジェクト】の矢田です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

※今日の話もyoutubeの方でお話ししてます
ので、こちらもご覧ください^^
   ↓
【融資の「自己資金」はコレを準備すればOK。融資の可能性がグンっと高まります】

youtu.be
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

 

「満額融資」を取付ける


今日は、「融資」に関してのお話。


「融資」といっても、「手続きの方法」
なんかの話ではなく、


『飲食店を開業するのに。「満額融資」を
取付けるには具体的に何をすればよいのか?』


という話。


そして、融資の中でも一番大切な『自己資金』
の話であり、ラーメン店の開業の仕方にも
大いに関わってきます。

 


私の開催している『個別相談会』には、
毎月数名の方に来ていただいています。


そのうちの約7割の方が融資希望の方。


そして、その7割の中の9割が
『融資を受けたことのない方』です。


●私はどうすれば融資を
受けることができるのでしょうか?

 

●自己資金が少ないんですが…

 

●家のローンもまだ10年以上あるのですが…

 

●融資というものを受けたことがないのですが。

 

●ラーメン未経験でも融資は可能なんでしょうか?

 

●事業計画書ってどうやって作成するのですか?」


皆さん、こういう心配をされています。


そして、こんな質問が出たときは、


「大丈夫です。

全体で”80点”とればいいだけですよ(^^」

と私はお話をしています。

 

80点とるだけ

 

どういう事か説明しますね。


金融機関は、融資申込者を以下の3つのカテゴリーで見ます。

 

1.『自己資金』

2.『経験』

3.『事業計画』


簡単に言えば、

この3つのカテゴリーで80点以上をとれば融資がおりる、
そんな感覚なんです。


でも、「80点」ってかなりなハードルを感じる…。

学生の時でも、なかなか取れなかったような思い出が…(-。-;)


大丈夫!

「大人の80点」ってやり方さえ分かれば簡単なんです!


今まで僕がラーメン屋開業をサポートした方々は、
ほとんどの人が融資を受けてられています。


しかも、『無担保・無保証人』。


このスゴ技をこれからお話していきますね。

================
※3つのカテゴリーを一つずつ説明して
いきますが、どれもディープな内容。

 

ラーメン屋の開業の仕方を
考える上でも、大切な点です。

 

今日は『自己資金』のお話をします。

 

『経験』『事業計画』

の話は次回以降でしますね。
================

 

やはり、1/3以上必要・・・


では早速、『自己資金』の話。


数年前に条例改正が行われ、以前まで言われていた、

 

「自己資金は融資金額の1/3以上ないとダメ」

 

という文言は融資申込書からはなくなりました。


つまり以前は、

 

600万円の融資を希望するなら200万円以上。

1000万円希望なら3~400万円

 

の自己資金がなくては、融資の申込が
出来ませんでした。


それが改正されて、

「1/3以上必要」の文言はなくなったのだから、

さぞ自己資金は少なくても融資してもらえる
んだろうな、と考えますが、


残念ながら
現実には、今でも現場サイドでは、やはり1/3程度の
自己資金は求められています。


ですので、やはり

 

●600万円の融資を希望するなら200万円以上

●1000万円希望なら3~400万円以上

 

の自己資金が今でも必要。


そして、

その『自己資金』は、
何から何までを自己資金と言えるのか?


一言でいうと、

★自分で自由に使えるお金

★今回のラーメン屋を始めるにあたって
既に使ったお金

です。


具体的には、

●自分名義の通帳にある残高

●配偶者の通帳にある残高

●親からの援助金

●定期預金

●株式などの有価証券

●金などの現物

投資信託残高

●社内積立金

●生命保険の解約返戻金

●退職金予定金…


そして、既に使った資金としては、

◆ラーメン屋の店舗の物件取得費

◆ラーメンフランチャイズ(のれん分け)
加盟金等

◆内外装費

◆厨房設備費

◆什器備品費

◆広告宣伝費…


なども『自己資金』としてみなされます。


ここで注意が必要な点!


友達から借りたお金は借入金


・奥さん(旦那さん)の通帳は大丈夫です。

・親から振込のあった資金も大丈夫です。


ですが、
親戚・友人からの振込資金は自己資金とはみなされません。
逆に、返済義務有りとして借入金扱いになります。


また、”貸してたお金が戻ってきた”も
金銭消費貸借契約書などの提示を求められます。


そして「通帳」は、

公共料金・ローン(家賃)の引落しのある通帳を
最低でも6ヶ月~1年前までは遡って確認します。


これは、その資金をどうやって貯めてきたのか
の確認と、どういうお金の使い方をしている人
なのかの確認をしています。


通帳の動きを見れば、その人の生き方・
お金の考え方・性格までが分かるそうです
(以前聞いた話ですが)。


ですので、

一番信頼されるのは、一度も遅滞なく、
給与から毎月公共料金・ローン(家賃)の
引落しがなされ、


一定金額を毎月別の口座でキチンと
貯蓄していて、今回も、その計画的に
貯めてきた資金をラーメン屋の開業資金
の一部とする。


そんな流れがあれば一番信用されます。


また、よく聞かれることですが、

住宅ローンの残高がまだまだある、

むかし公庫・銀行などで資金を
借りたことがある(完済済み)

なども逆に信頼につながります。


★頭金を貯めてローンを組むことが出来る人、

★借りた資金をキチンと返すことの出来る人、


という判断なんですね。


要は、
金融機関も「お金を貸したい」のです。


ですが、それ以上に、
「貸したお金を利子ともに全額回収する」

ことが至上命令で、


「この人は融資をしてもしっかり返済をする人なのか?」


が一番知りたい。


ですので、

 

「この資金はどこから来たお金なのか?」

「どのように貯めたのか?」

「借りたお金じゃないのか?」


を厳しくチェックするんですね。


そうすると、必然的に、
『自己資金が多い人の方が融資を受けやすい』
ということになります。


・50万円しか持たない人に500万円融資するのと、

・1000万円持っている人に500万円融資するのとでは


圧倒的に1000万円持っている人の方が融資は受けやすい。


もし、500万円かけてやったお店が失敗したとしても
1000万円あれば返済はしてもらえますものね。

金融機関は、


「あなたは1000万円あるんだから500万円の融資を
受けなくても大丈夫なんじゃないですか?」


などとは決して言いません。


もう一度言います。

金融機関は

「この人は融資をしてもしっかり返済をする人なのか?」


が一番大事なんです。


50万円の人は、もし500万円のお店を失敗したら、
50万円しか手元に残らない。


なので、融資申請の際には

★『自己資金』はできる限り多く集めてください、


と私もお願いしています。


とはいえ、
なかなか潤沢な自己資金を準備している方は稀で、


大体の方は、ほうぼうから一生懸命に
かき集めています(^^;


自己資金に不安があるな、
という方も一度相談に来てみてください。


実は、融資には
ここでは書けない”ウラ技”的なことも色々あります。


そんなお話もさせてもらいますよ(^^


今日もありがとうございました。


それでは、また!


繁盛ラーメン店開業【新のれん分けプロジェクト】
矢田 裕基

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
youtube『飲食店開業チャンネル』でも、動画にて
情報をお伝えしています。 
日々、新しい情報も更新して行くのでチャンネル登録
もしておいてくださいね!
   ↓

www.youtube.com

★無料プレゼント中!『飲食店成功マニュアル』
+『別冊 開業への道』フルカラー24ページ冊子
お申込みはこちらから
   ↓

資料請求 |

★ラーメン店開業の『試食会』『無料個別相談会』
に興味のある方はコチラをご覧ください^^
   ↓

無料試食会・個別相談会 |

┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
繁盛ラーメン店開業【新のれん分けプロジェクト】事務局
株式会社メントレプレナージャパン  
代表取締役 矢田 裕基
〒107-0062 東京都港区南青山1-26-16 5F
tel 03-5771-8150 / fax 03-6869-3487
連絡先:info@men-de-business.co.jp
ホームページ:

繁盛ラーメン屋開業【新のれん分けプロジェクト】

(営業時間:平日10時から18時)
*頂いたお問い合わせには、可能なかぎり
3営業日以内にお答えさせて頂いております。