アホらーめん社長の【起業・経営】人生指南

はじめての開業・多店舗化を目指す経営者向け【繁盛飲食店を目指す指南塾】

ラーメン店 開業 自己資金が100万円?!

2015-05-19 19.42.13こんにちは。

小予算ラーメン開業 『新のれん分けプロジェクト』の矢田です。

 

「ラーメン店開業の自己資金が100万円しかないんですが…。」

先週の新のれん分けプロジェクトの”試食付き無料個別相談会”に いらっしゃった方からの相談です。 その方(Iさん)の相談内容は、 ●現在は通信機器メーカーに勤務(勤続14年) ●30才代 ●栃木県在住(所有・ローン残債有) ●奥さま・お子さま2人(中2・小6)とお住まい ●ラーメン店開業自己資金100万円 ●奥さまも週3日パート ●毎月の貯蓄額0円~3万円(できない月もある) ●金融機関でのラーメン開業融資を希望 ●数年前からラーメン店 独立を考えていた ●ラーメン店 経験はなし(学生時代にアルバイトで少々) ●フランチャイズの会社の説明会などにもいくつか参加してみたが、 開業の自己資金がないのと、多額の借金を奥さまが嫌がるためにフランチャイズは難しい ●早めに開業したい ●将来はラーメン店の多店舗展開をしたい というものでした。

 

この条件を聞いて、 皆さんならどう思われますでしょうか???

ラーメン店 開業できる???

ラーメン店の開業は難しいのでは???

私たちの回答は→ 「大丈夫。ラーメン店の開業は可能だと思いますよ(^^」でした。 この条件を一つずつ”点”として捉えると

「どれを取っても難しいのでは?」

に見えますよね。 ですが、私たちは、 この”一つずつの点”を”大きな面”にします。

一つずつを、 「ひも解き→結び」を繰り返し、 ”面”にしてゆくんです(^^ そうすることで、 点だけを見ていた時には、 「どうやってもラーメン店開業は難しいだろうな…。」 としか思えなかった条件も 大きな面になれば、 「ココをこうすれば大丈夫、ラーメン店の開業できますよ!!」 に早変わりします。

(※もちろんこれは絶対開業できるという意味ではありません) こういうことは、”ザラに”あります。 今回のIさんの場合は、 「ラーメン店 自己資金」が最大の課題でした。

金融機関のいう「ラーメン店 自己資金」とは、 「自分の資金+今回のラーメン店を開業するにあたって既に使った開業資金」

のことを言います。 具体的には、

・自分名義の通帳にある残高 ・配偶者の通帳にある残高 ・親からの援助金 ・定期預金 ・株式などの有価証券 ・金などの現物 ・投資信託残高 ・社内積立金 ・生命保険の解約返戻金 ・退職金

そして、既にラーメン店開業資金として使った資金として、 ・物件取得費・店舗取得費 ・フランチャイズ(のれん分け)加盟金等 ・店舗厨房設備費 ・店舗什器備品費

などを「ラーメン店 自己資金」としてみなされます ですので、今回のIさんは 何とか「ラーメン店 開業の自己資金をかき集めましょう!」 ということになりました。

そして、このラーメン店 開業の自己資金には 実は”裏ワザ”があり、上記のもの以外にも ラーメン店 開業の自己資金に出来るものがあるんです!

結構な方々が この”裏ワザ”ラーメン店 開業の自己資金で 開業 融資を勝ち取っています。

ですが、 このラーメン店 開業の裏ワザはメールではなかなか書けませんので、 ご興味のある方は別途ご質問くださいね(^^

↓   ↓ ↓ https://www.men-de-business.co.jp/ 『ラーメン店開業 新のれん分けプロジェクト』 代表 矢田ひろき

 

Facebookでも情報発信しています。 「いいね!」をして頂くと、毎回旬な情報がアップされますので、 よろしくお願いします(^^ ↓ ↓ ↓ Facebook【”小予算で1000万円!ラーメン開業”を応援する会】 https://www.facebook.com/ramen.de.noren.wake?ref_type=bookmark

┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌ 発行者情報

株式会社メントレプレナージャパン 代表取締役 矢田裕基 〒107-0062 東京都港区南青山1-26-16 5F tel  03-5771-8150  /  fax  03-6869-3487 連絡先:info@men-de-business.co.jp ホームページ:https://www.men-de-business.co.jp/ 購読解除:http://men-de-business.net/neo/usrctrl.php?mag_id=2