アホらーめん社長の【起業・経営】人生指南

はじめての開業・多店舗化を目指す経営者向け【繁盛飲食店を目指す指南塾】

【飲食店開業】ラーメン屋の本当のライバルはあの○○屋。

f:id:hiroyata:20191026071106j:plain

 

こんにちは!

【新のれん分けプロジェクト】の矢田です。


《飲食店は10年で9割がなくなる》

《毎年5件に1件廃業する》

《ラーメン屋は、毎年開業と同じ数の廃業がある》


皆さんもこんな話をどこかで聞いたことがあるかも知れません。
この数字は、公式なところが出している正式な数字ではないです。
でも、僕の「感覚的数字」でも、そんなにかけ離れてはいないのではないかと考えています。


ちなみに、僕が昔いた不動産業の廃業率は「4.3%」。
飲食店と比較しても圧倒的に廃業しずらい業界。


では、なんで飲食店だけ、こんなに廃業しちゃうのか?
について、分かりやすいように、不動産業と比べて、4つの観点から考えていきたいと思います。


ラーメン屋の本当のライバルは・・・


(その1)

『店と屏風は広げすぎると倒れる』

これは、事業を行う点で、基礎中の基礎。

事業は、いきなり広げすぎると、屏風のように倒れるということ。「身の丈にあった経営」こそ事業で社会的責任を果す経営につながる。
そういう意味です。

不動産業を始めようとしたら、免許さえ取れば、事務所なし(家でもOK)でもできます。最低限の、電話・PC・コピー機でも揃えれば出来てしまうんです。

それに比べて、飲食店は最低限店舗を構える必要があるので、物件取得費がかかる。
次は、その内外装の改修費用が発生する。
次は、什器備品を買う費用がかかる。
次は、食材を買う必要がある。
そして、引渡後は毎月の賃料も発生します。


など、どうしても費用が掛かるものが多すぎるんです。

なので、不動産屋と比べても初期投資はかさんでしまうので、最初からある程度の資金を投入する必要が出てくる。

そうすると、途中で上手く行かなくなったときに、その費用の負担が重くのしかかってきて、飲食店の場合、「辞めなくてはいけない」という判断になってしまうのです。


(その2)
『ライバルが多すぎ』

不動産屋のライバルは不動産屋です(あたりまえですが・・・)

でも、飲食店のライバルは同じ飲食店だけではない。ラーメン屋のライバルはラーメン屋だけではないのです。

飲食店の場合、全方位にライバルが存在します。

●同じ飲食店

●コンビニ

弁当屋惣菜屋

●スーパー

●コーヒー専門店

●デリバリー

●その他中食産業

あっという間に、ラーメン屋の隣にはライバルが出現するのです。

 

f:id:hiroyata:20191026072157j:plain


(その3)

『単価が安い』


不動産屋の場合、賃貸でも賃料の1ヵ月の手数料がもらえます。マンションでも店舗でも。更に、売買では、その売買価格の「3%+6万円」がもらえます。

しかも「両手」と言って、売り主からも飼い主からも貰える場合もあります。

比べて飲食店は、高級店以外は、いってもせいぜい数千円。ラーメン屋や軽食屋だと1000円も行かないです。

完全に薄利多売の商売なので、「多売」が大前提。なのに、天災やライバルの出現や体調不良で営業できない・売上が下がった、なんて日常茶飯事。

圧倒的に「単価」の低い商売なのです。


(その4)

『仕事がきつい、長時間でアルバイトが集まらない・続かない』

僕が不動産屋にいたころは、比較的大きな案件を決めれば、数日仕事をしなくても問題なかったです。

ですが、飲食店はそうはいかない。

毎日、朝から仕込み・清掃、そして営業。そして、営業でへとへとになっても、明日の仕込みや片づけと清掃もしなくてはいけない。夜遅くまで。

この働いている時間の「圧倒的な差」は大きいです。

でもまだ、オーナーはいい。だって自分の店だし、自分の夢の達成のためだから、いくらでも踏ん張れる。

キツイのは、スタッフやアルバイト。
なので、飲食店には、スタッフやアルバイトが集まりにくいし、辞めやすいんです。


これらが理由となって、

《飲食店は10年で9割がなくなる》

《毎年5件に1件廃業する》

《ラーメン屋は、毎年開業と同じ数の廃業がある》

状態に陥るのです。


でも、だったら、この状態にならないような店作り・店の体制・オペレーションにすればいい。

なので、僕が言っている

『安いお金で小さくはじめる』

『ライバルの少ない地方の郊外で開業する』

『ウリを作って、単価を上げる努力をする』

『できるだけ人は使わない』


が大切なんです。

これから、飲食店をはじめる人は、是非とも、この「飲食店VS不動産屋」の構図を頭に入れながら、お店つくりをして下さいね!


今日もありがとうございました。


それでは、また!


【新のれん分けプロジェクト】
矢田 裕基

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
youtube『飲食店開業チャンネル』でも、動画にて
情報をお伝えしています。 
日々、新しい情報も更新して行くのでチャンネル登録
もしておいてくださいね!
   ↓

www.youtube.com

★無料プレゼント中!『飲食店成功マニュアル』
+『別冊 開業への道』フルカラー24ページ冊子
お申込みはこちらから
   ↓

資料請求 |

★ラーメン店開業の『試食会』『無料個別相談会』
に興味のある方はコチラをご覧ください^^
   ↓

無料試食会・個別相談会 |

┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
繁盛ラーメン店開業【新のれん分けプロジェクト】事務局
株式会社メントレプレナージャパン  
代表取締役 矢田 裕基
〒107-0062 東京都港区南青山1-26-16 5F
tel 03-5771-8150 / fax 03-6869-3487
連絡先:info@men-de-business.co.jp
ホームページ:

繁盛ラーメン屋開業【新のれん分けプロジェクト】


(営業時間:平日10時から18時)
*頂いたお問い合わせには、可能なかぎり
3営業日以内にお答えさせて頂いております。