アホらーめん社長の【起業・経営】人生指南

はじめての開業・多店舗化を目指す経営者向け【繁盛飲食店を目指す指南塾】

飲食店開業で失敗する人の共通点【3つの勘違い】

f:id:hiroyata:20191111140246j:plain

 

こんにちは!

【新のれん分けプロジェクト】の矢田です。


今日は、はじめて飲食店を開業する際に、「これは、絶対やった方がいいんだろう」という勘違いのお話です。


これは、基礎的なことだけども、やってしまう人も多い。

今日は、そんなお話です。


◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

※今日の話は、動画でもお話ししてます
ので、こちらもご覧ください^^
   ↓
【飲食店を開業して失敗する人「3つの勘違い」】

YouTube

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇


では早速、3つの勘違いとは何なのか?についてお話します。


【3つの勘違い】

(その1)


『1等地や良い立地でやらなくてはいけない』


→2・3等地の方がいい理由

家賃が安い(数分の1になることもあります)


敷金や保証金が安い


競合が少ない(大手やチェーン店は2・3等地では出店できないです)


開業しようと考えている人が選びにくい(個人では、本当にそんな2・3等地でもお客さんがくるのか?という不安が消えず、決められないことが多いです)


広い駐車場が確保しやすい

 

f:id:hiroyata:20191111141022j:plain


(その2)


『お店は、完璧にしなくてはいけない』


厨房はお客さんには関係ない、見えないから、良いものを使う必要はない(でも、綺麗じゃなくちゃダメです)


看板やファサード(お店の前面部分)はしっかりと作り込む


●予算がなければ、店内の壁や天井は自分で塗る(僕は最初の店は、予算削減のために天井は自分で塗りました)


●お店自体を完璧にするだけにお金と時間を使うのではなく、『集客』にもっと注力する必要がある(完璧な店を作っても、お客さんが来なければ、ただのハリボテ)


(その3)


『美味しいものさえ作ればお客さんはくる』


味は及第点(合格点の80点)でもスタートする


●今は美味しい店ばかり、まずい店を探すの大変(味だけの追及はお店の“自己満足”にしかならない)


●味を120点狙うからいつまでも開業できない


●職人である前に、あなたは“経営者”なんだから、1日でも早く、100円でも多く売上を作る責任がある



この3つの勘違いをしている人が多いです。


はじめての飲食店開業の場合は、1等地や良い立地でやるのではなく、2・3等地で出店するべき。


そして、店内を完璧にするのではなく、看板などにその費用はかけて、オープンしてからの「集客」の方に時間を使う必要がある。


そして、商品の味も120点の味が出せるまで、ずっーと準備試食ばかりしているのではなく、経営者なのだから、早めにオープンして、早く売上・利益を上げることに注力しないと、今のご時世、お店がつぶれる。


これから、飲食店の開業を模索検討している人は、この点は是非とも気をつけてくださいね!


今日もありがとうございました。


それでは、また!


【新のれん分けプロジェクト】
矢田 裕基

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
youtube『飲食店開業チャンネル』でも、動画にて
情報をお伝えしています。 
日々、新しい情報も更新して行くのでチャンネル登録
もしておいてくださいね!
   ↓

www.youtube.com

★無料プレゼント中!『飲食店成功マニュアル』
+『別冊 開業への道』フルカラー24ページ冊子
お申込みはこちらから
   ↓

資料請求 |

★ラーメン店開業の『試食会』『無料個別相談会』
に興味のある方はコチラをご覧ください^^
   ↓

無料試食会・個別相談会 |

┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌┌
繁盛ラーメン店開業【新のれん分けプロジェクト】事務局
株式会社メントレプレナージャパン  
代表取締役 矢田 裕基
〒107-0062 東京都港区南青山1-26-16 5F
tel 03-5771-8150 / fax 03-6869-3487
連絡先:info@men-de-business.co.jp
ホームページ:

繁盛ラーメン屋開業【新のれん分けプロジェクト】


(営業時間:平日10時から18時)
*頂いたお問い合わせには、可能なかぎり
3営業日以内にお答えさせて頂いております。